染めたり 織ったり ミシンを踏んだり
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< (いまさらながら)7月のお知らせ | main | 風の余韻 >>
dennmark

 

旅はいつだってたくさんのことを教えてくれる。

そしてそこで味わった思いや経験は

記憶が薄れることはあっても、深いところに沁み込むのだと思う。

いままでだってそうだった。

 

 

 

7年ぶりの海外、

行先はデンマーク。

 

9月のはじめ、

ヒナタノオトさんの企画で

日本でも毛糸が人気のイサガーさんの工房に滞在するツアーに

参加してきました。

 

現地ではさまざまなアーティストの工房や

美術館などを訪れるだけでなく

ツアーでご一緒する

日本のつくり手の皆さんとの展覧会も企画していただき、

一週間という期間の中で

盛りだくさんの濃密な旅になりました。

 

本当に参加してよかった。

企画してくださったヒナタノオトの稲垣さんをはじめ

この旅を実現してくれたみなさん、

応援して送り出してくれたまわりの人たちに感謝しています。

 

あんなにも自由で、豊かで、満ち足りた気分になったのは

いつぶりだろう。

 

もしかしたら最近すこし息苦しかったのかも。

すきなことを仕事にできる充実感はたっぷり感じていたけれど、

がんばることに傾きすぎて、ちょっと心が固くなってたみたい。

 

 

たくさんの美しい瞬間に

さまざまな感情が湧いてきて

日に日に心がやわらかくなっていった気がする。

もしかしたら言葉が不自由だからこそ、いらんなことが削ぎ落とされて

思いもシンプルになっていったのかもしれない。

自分の中に、こんなに素直で純粋な気持ちが残ってたんだと

すこしほっとしたし、

毎日心がよろこんでいた。

 

 

みんなで食べたおいしいごはん

(おなかいっぱいでヒーヒー言ってた日もあった)

水玉のテーブルクロス

曇った空の色、かわいた草の色

自転車で風を切って走ったこと

海での時間

かわいい家々、その窓の中の風景

のんびり草を食む動物たち

気取ってないけど美しさが宿る庭

部屋にあしらわれた可憐な花

個性的な工房

美しい素材

美しい作品

みんなの笑う声と顔

心が通ったときに流れるあたたかいなにか

 

 

やわらかく湧き上がってきたいろんな気持ち

お腹がよじれるくらい笑ったり

なにかが滲み出るように熱い涙がこぼれた瞬間

 

 

あの日々のなにもかも

きっと、ちゃんとわたしのなかに沁み込んでいるのだと思うけど

実感が日に日に薄れて

捉えどころがなくなっていくようですこし切ない。

 

でも旅の中で私はたしかに何度もこう思ったのです。

世界は美しいもので溢れていると。

 

そして日常に帰ってきてから何度も思いました。

願いは叶うものなんだなと。

 

 

自分のなかに湧き上がった思いを信じて

ふだんの居場所もこの日々も、慈しんでたのしみたいなと思う。

素直でいることを恐れないでいたい。

(実際なかなかそうできないんですけどね)

 

 

そしてまたいつか、遠くの国へ

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK