染めたり 織ったり ミシンを踏んだり
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
のれん

 

 

神楽坂のロンダジルさんのご紹介で、

ご近所のお蕎麦屋さん「東白庵かりべ」さんの

春用ののれんを制作しました。

 

今回は、サイズの指定と色のイメージ以外は、

とにかく自由に、というオーダー。

自由…難しかったのですが、

せっかくなのであたらしい挑戦をしたいと思ってつくりました。

 

 

素材はいくつか小さなサンプルで試してみて、

さらっとしつつもやわらかい感触が気に入り

経に紙糸、緯にリネンの単糸という組み合わせにしました。

 

 

明るい、春らしい色がやわらかく広がるイメージを、

できれば織ならではのよさが感じられるような表現で、という思いから

地の部分にはほぐし織という技法にはじめてチャレンジしてみました。

 

ほぐし織とは、広い意味では絣の一種で

ほぐし絣と言われることもあるようです。

今回は抽象画のように染めたのでイメージ湧きにくいかもしれませんが

秩父銘仙などに使われている技法と基本はおなじです。

 

工程としては

まず染める前の経糸を機にセットして、

経糸が乱れないよう押さえるために粗く仮織りし

それを一旦機からはずします。

 

仮織りした経糸を化学染料で染色し(今回は引き染め)

蒸して染料を定着させた後、もう一度機にセットし直して、

今度は仮織の糸をほぐしながら

本番用の緯糸で織り上げます。

 

文章だけだと伝わりにくいですね

工程の記録をするゆとりがありませんでした、すみません^^;

 

 

昼の明るい光に透けた時、夜のライトに照らされた時、など

あらゆるシチュエーションに合うように

経糸と緯糸が重なった時に生まれる色味や濃さを計算しながら

それぞれの糸を染めるのが難しかったです。

 

 

そしてポイントとして

ぽこぽこした白い絹糸を

ところどころに織り込んでいます。

 

 

経緯ともに、同系色なので分かりにくいですが

間近で見ると経糸と緯糸の色が点描のように絡み合い

後染めでは出せない奥行き感が出てたらいいなあと。

 

iPhoneImage.png

 

もともと色彩センスが乏しいところに

化学染料は使い慣れていないこともあり

試作を部屋のあちこちに吊るしてみては

あーでもあいこーでもないと悩みながらつくりました

 

納期がだいぶ遅れてしまい、出番は来春になりそうですが

ご依頼主さまも気に入ってくださったようで

ほっと一安心です。

 


ここ数カ月、

うまくいかない過程やほかの仕事と平行しながらの制作に

くじけそうな時もありましたが、

おわってみれば

布をつくるおもしろさ、奥深さを

あらためて感じることができました。

こののれんは小さな種を落としていってくれたように思います。

またやりたいことが広がりそう。わくわく。

 

 

ロンダジルさん、かりべさん、kさん、

どうもありがとうございました。

 

 

かりべさん、まだ一度しか伺ったことはありませんが

お蕎麦とてもおいしいです。

神楽坂に行かれる際はぜひに、そばがきはマストです!

わたしもまた食べにいきたいです。

 

 

織り初め


あけましておめでとうございます

2015年がはじまりました

みなさまいかがおすごしですか?




今日は織り初め


今年もよろしくねーとあいさつするような気持ちで
機や道具に触れながら
お気に入りの柄を織りはじめたのですが…
あれあれ?
なんかおかしい…


先日 機にセットした経糸
一部間違えたパターンのまま
綜絖に糸を通してしまっていたようです

これでは計画通りの柄に織れません

というわけで全部やり直し!


とほほほ


新年早々がっくり…という感じですが仕方ない!

わたしの人生を生きていく上で
うっかりさんとは
仲良くおつき合いしていかなければならない間柄ですので
このくらいのことは笑い飛ばせるようでないと!

潔く気を取り直して
やり直しました



かっこよく新年のスタートをご報告したかったけれど
ある意味2015年も平常運行です





さて
ことしは上半期から
たのしみなお知らせがたくさんできそうです

順々にアップしていきますね



本年もどうぞよろしくお願いします


みなさまにとってもすばらしい一年になりますように!


 
手紡ぎウールのタペストリー



ここ1,2週間ほどで
ぐんと寒くなりましたね


あたたかな素材が恋しい季節です





昨年の秋
ワークショップにご参加いただいたお客さまより
手紡ぎウールのタペストリーをリクエストいただき
今年の春先に制作していました



ご注文いただいた I さんは
ピアノの先生

ピアノの置いてあるお部屋に飾るタペストリーを
ずっとお探ししていたとのこと



イメージを伺い
織り教室で
スウェーデン製の大きな機をお借りし
制作しました



IMG_0884.JPG


約90cmの幅を織ることができる
ごつくて大きな機は
こんな風にしっかり糸を打ち込む布を織るのに
最適なのです





織りあがったのは
季節外れですが
半年ほど前の新緑がまぶしい頃



やっとウールの素材感がここちよい季節になりました〜


IMG_1152.JPG



納品後すぐ
飾ってくださった様子を
写真でお送りいただきました



自分の手を離れて旅立った作品を
暮らしや生活の一部として
飾ったり使ったりしていただけている様子を
こうして見せていただくと
うれしい気持ちがまたぐっと深くなります


ご注文いただいてから
ずいぶんお待たせしてしまったにもかかわらず
快く、気長にご対応くださった I さんに感謝です

どうもありがとうございました






ちなみにこのとき
デザインをお選びいただけるように
2枚分織っていました



こちらが旅立った方の1枚

R0018245.JPG




もう1枚はこちら

R0018241.JPG






ディティールはこんなかんじ

R0018253.JPG



IMG_0878.JPG



ロムニー
コリデール
ジャコブ
など何種類かの羊毛を手紡ぎし
織り交ぜました


どの色も
染色していないナチュラルな色です





手元に残った1枚は
自分用のラグとして使おうと思っています


裏側のふちの部分に
タペストリー用に通す穴があるだけで
素材やサイズ的には
ちょっと小振りなラグにぴったりなのです



ずいぶんと寒くなって来たので
もうそろそろ出番かなあと思っています


 
冬物の新作


冬物の新作を織っています


経糸はコットンの細い糸
緯糸はアルパカ50%ウール50%の糸

できあがりの巾が80cmくらいの
大判のストールです



織りあがった布は
後から藍で染める予定ですが
もしかしたら
ほかの染料に変更するかもしれません


機からおろしたら
布の表情を見て
最終的に決めたいと思います



この糸の組み合わせ
ほんとうは今ごろの季節にちょうどよいのですが…

早く織りあげなければ!




いともよう



秋の夜長に 
くるくると糸巻き



右手で糸巻きのハンドルをぐるぐる回すと
白い糸がするすると手元の木管に収まっていきます



元々糸が巻かれていたコーンは
糸が規則的にするするとほどけて


そのようすは
音の速度のようでもあるし
景色をなでる風のようでもあるし
ひとが描くきもちのよい線のようでもあります




細い線が交錯するもようがうつくしくて
はっとしました








人工的な明かりの下で見る陰影もうつくしいんだなあ

しらなかったなあ






サンプル

リネンのクロスを織るためのサンプル



ブルーの糸は藍染


藍はリネンと合わせると
クラシカルな雰囲気になるところがすきです








織りでも染めでも
試しの段階のサンプルって
ほどよく力が抜けているというか
どこか大胆で自由で


そのラフさが
すごくいいなあとおもいます



それを求めて作品にも出したいと思っても
どこかなにかが
ちがってきてしまうんですよね



狙ってつくる時点で
未完成の部分が失われるのか

知らない部分で
自分が気張ってしまっているのか



ちょっとよそいきの表情になってしまうような


仕方ないというか
それもまたいいんですけどね





はてさて
この布はどんなふうに仕上がるのでしょうか



来月の
そらにわさんでの展示会で
販売予定です









織糸









織糸が安く買えるよー!と
織の先生と織り仲間から教えてもらったのは
Washwash”というお洋服屋さん



お店の方によると
季節ごとにいろいろな素材の糸が
お店に届くそうです




今回買った糸たちは
シルクとリネンの細ーい糸

色もとってもいい感じ


ついつい
どっさり買っちゃいました





なにを織ろうかなあ