染めたり 織ったり ミシンを踏んだり
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

秋冬のお知らせ<最新>

 

今年の秋冬のお知らせです。

 

かなり怒涛のスケジュールとなっていますが(汗)

それぞれの展示会ごとに作品の数、内容など異なります。

★印の展示は数点だけの出品となる予定です。
 

また、個別にお知らせしていきますね。

この記事も随時情報更新予定です。

 

年末まで精一杯駆け抜けたいと思っています!

お近くの方はぜひお出かけいただけたら幸いです。

何卒よろしくお願いいたします!

 

 

・・・

 

10/13.14 工房からの風(千葉県市川市)

     *ワークショップやコラボレーション作品(数量限定)の展示など

      詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

・・・

 

11/3-4  「風の余韻」展 galleryらふと(千葉県市川市)★

 

11/16-20 個展「Tender Textured Textile」  ファミーユ(茨城県結城市)

 

11/28-12/4 みんなの市「ホリデーギフト展」伊勢丹浦和店

 

11/29-12/2 「うらたすみよ織工房展」千疋屋ギャラリー(東京都京橋)★

 

12/15-24 「デンマークでの時間から」ヒナタノオト(東京都日本橋)★

 

12/20-  二人展 アンドアール(千葉県習志野市)

 

 

 

 

風の余韻

 

 

工房からの風が終わって早2週間が経とうとしています。

ワークショップにご参加くださった皆さま、

一草一木テント、風セレクションテントにて作品をご覧くださった皆さま

見どころの多い会場の中で、会いに来てくださったみなさま、

どうもありがとうございました。

 

・・・

 

11月のお知らせ、ひとつ追加です。

 

11/3(sat) 4(sun) に

今年の工房からの風に

企画運営のサポートとして携わった風人のなかから

一部作家の作品展とワークショップ、デモンストレーション

「風の余韻」を開催します。

 

文庫テントの美しいインスタレーションも

再び現れるそう。

 

わたしは残念ながら足を運ぶことができませんが

草木染めのリネンストールを展示させていただきます。

 

 

工房からの風の余韻、

秋のお庭の風景とともにたっぷり味わう時間をお過ごしください。

 

詳細はこちらから。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

・・・

 

工房からの風 二日目に行われた

ディレクターの稲垣さんと哲学者・鞍田崇さんのトークショー。

その中に出てきたつくり手と天国の話。

幸いにも私は現場で聞くことができ、自分の中にも響くことがありました。

 

とても個人的な思いになりますが、記録しておきたいと思います。

 

読み進めてくださる方は

工房からの風のサイト内、director’s voiceを読んでから

進んでいただけたら幸いです。

 

 

トークショーのなかで

「マルテの手記」に出てくる一節についてのお話がありました。

 

美しいレースを見て

「このレースを編んだ人たちはきっと天国へ行ったよね」と言う少年、

それに対して

「その人たちにとってレースを編んでいる時こそが天国なのよ」とママンは言いました。

 

 

 

以前、友人たちと

「自分が今している仕事はツールか目的か」

というような話をしたことがありました。

 

 

そのなかのひとりは、

伝えたいこと、つなぎたい人たちがいて、そのためにこの仕事をしていると、

ツールは方法とも言い換えられると思いますが

その目的が叶う瞬間が彼女にとって大きなよろこびなのだと思います。

 

 

一方、私の場合は

ものづくりをするということ自体よろこびで、それがすでに目的だね、

というような話になったのです。

 

 

(私の文章力ではフレーズが適切ではなくて

うまく伝わらない部分もあるかもしれませんが、

どちらがいいとか悪いとか、すばらしいとか劣っているという話ではありません。

あくまでもどんなタイプかみたいな話です。

両方持ち合わせている人もたくさんいると思います。)

 

 

つくり手のなかにも

なにかを守ったり、伝えたり、つなげようという思いや志を持って

ものづくりに向き合う人たちがいて、

そういう背景や動機を持たない自分は

とてもうすくて、かるくて、価値が少ないと思っていました。

 

 

その話の時にも、

友人たちはみんなそんなわたしの在り方を肯定して尊重してくれたし、

ものづくりを続けるなかで

それでもいいのだ、とすこしづつ思えるようになっていたけれど、

やはり自分のなかにはまだ

大きな氷の塊のように劣等感が存在していました。

 

 

けれど、

「その人たちにとってレースを編む時間こそが天国だった」

という言葉を聞いたとき

なにか赦されたような、安心したような

心の中でしずかに波紋が広がるような感じがしました。

そして気づくとその大きな氷の塊が

少し溶けているような気がしたのです。

 

 

ただ好きなだけでは足りないと、ずっと思ってきたけれど

もしかしたらそれでもいいのかもしれない。

私にとって手を動かす時間こそ天国です。

その時間ができるだけ続くように歩んでいきたい。

前よりすこし素直な気持ちで、そんな風に思います。

 

 

 

 

(いまさらながら)7月のお知らせ


ブログ、すっかりさぼってばかりでした…
もしもチェックしてくださっていた方いらっしゃいましたら、本当にすみません…

いまさらながらですが、
7月の展示のおしらせです。

京都 烏丸丸太町にあるhisocaさんで
作品をお取り扱いいただくことになりました。
7/24にスタートした「涼やかに暮らす」展にて
小物を少しだけですがご紹介いただいています。


そしてもうひとつ
7/25-31まで日本橋三越本店にて
工房からの風から」に参加させていただきます。

在店予定は下記の通りです。
7/25(水) 10:00-17:00
7/27(金) 10:00-19:00
7/28(土) 10:00-19:00
7/29(日) 10:00-17:00
7/31(火) 13:00-19:00



草加のedahaさんでも
7/10から作品をご紹介していただいてます。



本当に毎日厳しい暑さのなか恐縮ですが、
どの展示もすてきな作り手の方々とご一緒させていただいています。 よろしければぜひ足をお運びくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


2018年上半期の予定

1月の展示に続いて、

2018年上半期の予定が定まりましたのでお知らせです。

2/23-3/10 *期間中休み 2/25・27・3/4・6

「はるのあしおと」 @WOOLY

3/14-20

工房からの風から」 @伊勢丹新宿店

4/7.8.14.15

「風のケミストリー」@galleryらふと

5/12.13

フィールドオブクラフト倉敷  @倉敷芸文館前広場

6/2.3

にわのわアート&クラフトフェア・チバ @佐倉城址公園

6/6-25

三人展 @ギャラリー直向

  

はじめてお世話になる場所

かさねて出展させていただける場所

それぞれに向かってしっかり制作していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

今後のスケジュール

 

 

ルシァレさんでの展示会「素と欠片」展

無事に終了いたしました。

 

あたたかく、心地よい空間で作品を展示することができ

とても幸せな一週間でした。

 

雪が残る厳しい寒さの中、足をお運びくださった皆様

どうもありがとうございました。

 

また雪の予報が出ていますね。

お気をつけてお過ごしください。

 

 

今後の予定です。

 

2/23-3/10「はるのあしおと」WOOLY(北本)

3/14-20 工房からの風企画展 伊勢丹新宿店

 

 

それぞれにまた告知させていただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

素と欠片 展

 

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

猛ダッシュで駆け抜けたような2017年。

たくさんの方に作品を見ていただく機会があったこと

心から感謝しています。

支えてくださった方々、応援してくださった方々、

そしてなによ作品を手に取ってくださったみなさん、

どうもありがとうございました!

 

2018年はもうすこし生活や営みの部分も大切にしながら

よりよい仕事ができるようにがんばります!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

iPhoneImage.png

 

 

2018年最初の展示会は

富ヶ谷にあるパン屋さんルヴァンのカフェ ルシァレさんにて

いつもと少しアプローチを変えた作品展です。

 

 

たとえば、制作する中で生まれる端切れや糸くず、

一見ごみになってしまうようなものも

はっとするような美しさやいとおしさやを感じることがあります。

 

また、手織りの作品をつくる中で

布になる前の糸のこと、糸になる前の素材のことも

もっと深く向き合えたらという思いが芽生えてきたこともあり、

「完成品の前と後」というテーマが浮かぶようになりました。

 

自分にとってはじめての試みということもあり

いまひとつ輪郭がはっきりしないところもあるのですが…

完成品の前と後、外側で出会うもの、生まれるものを

作品にできないかと。

使い道があるもの、ないもの。

いろんな試みを形にできたらと思っています。

 

 

カフェでの展示ということもあり、

端切れから作るテーブル周りのアイテムもいろいろと並びます。

長袖シャツなどを中心にnuuさんとコラボしたお洋服もお持ちしたいとおもっています。

 

 

あたたかい店内で、おいしいパンを食べながら

お楽しみいただけたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

 

 

iPhoneImage.png

 

「素と欠片 展」

1/25(thu) - 31(wed)

 

ル・シァレ・ルヴァンのカフェ

東京都渋谷区富ヶ谷2-43-13

東京メトロ千代田線代々木公園駅・小田急線代々木八幡駅南口より徒歩5分

 

25(thu) 10:00-19:30 *10:00- 在廊

26(fri)   10:00-22:00 *こどもナイト、閉店時間が早まる場合があります。

27(sat)  9:00-19:30 *13:00- 在廊

28(sun) 9:00-18:00

29(mon)11:00-16:00

30(tue)  10:00-19:30

31(wed) 10:00-18:00

 

 

2017年の予定

 

年末までの予定が決まりましたのでお知らせします。

 

 

10/14.15 工房からの風/風サポーター・ニッケコルトンプラザ(市川)


11/17-19 個展・hako galley(代々木上原)


11/29-12/5 みんなの市「ホリデーギフト展」・伊勢丹浦和店


11月の個展では、
いつもお世話になっているほどほどやエイトさんと
昨年の布博でコラボしたクルさんにご協力いただき、
おいしいものもご用意させていただく予定です。

詳細はまた改めてご案内させていただきますね。
 

 

 

ぜひお早めにカレンダーへチェックを
よろしくお願いいたします^^