染めたり 織ったり ミシンを踏んだり
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
柿渋

地元の農家さんに分けていただいた渋柿で
3年ぶりに柿渋を仕込みました

量はすこしだけど
どんな出来になるかたのしみ













2012年仕込みの柿渋は
だいぶ茶色くなってきました
でもなんか薄いかんじがしないでもないような…
もったいなくてなかなか使えないけど
こんど試しに染めてみよう


今年のは元気に発酵中
1日一回ペットボトルの蓋を取ってガス抜きしてます
うまく熟成してくれるといいなあ



それと
次回はもうすこし早めに仕込みたい
時期を忘れないようにしなくては

リネンガーゼの藍染めストール






羽生まで
藍染めにやってきました


沖縄方面は
台風の警報もでているようですが
埼玉は晴天

染め日和です



風をはらむリネンガーゼのストール

濃淡3色に染め分けました







今日染めたストールは
富ヶ谷のpivoineさんに
月末ころ納品予定です





ちなみに
7/10(thu)-13(sun)の期間
pivoineさんにて
友人が展示会をおこないます


nuuという服のブランドと
ufururuというビーズ刺繍などで
アクセサリーや小物をつくっているブランドの展示会です



個人的に
nuuの服は
ぜひとも一度試着してみていただきたいです


服だけで見るよりも
実際に着てみると
シルエットやディティールの美しさ
着心地のよさがよくわかります



彼女の仕事を見ると
そのクオリティにほれぼれするし
こまやかなところまで行き届いたものをつくるすばらしさと
それに触れる気持ち良さというか
すがすがしさをかんじます



わたしも多少縫う仕事していますが
まだまだ勉強することだらけです!




今回は
チェンマイに住んでいる
作家本人も来日し
毎日在店しているそうなので
よろしければぜひ遊びに行ってみてくださいね














今日紺屋さんで
たまたま居合わせ一緒に作業した方から
出会った記念にと
手ぬぐいを一枚いただきました


いろんな柄のなかから
この手ぬぐいを選ばせていただきました







こういうのもかっこいいですね!



自分でも染めてみたくなりました




 
春の色



大阪のama galleryさんに
あたらしく3色のストールを
納品させていただきました







春らしい明るめの色をということで
左から
・桜
・紫根
・刈安


うららかな春が待ち遠しいですね!




今回の京都行きで
ama galleryさんにも
ぜひ立ち寄りたかったのですが
滞在日程とギャラリーの営業日のタイミングが合わず
断念しました…残念!




足を運べる方は
草木色のストール
見に行っていただけたらうれしいです


 
くちなし


先日
母が日帰り旅行で訪れた千葉のおみやげに
くちなしの実を買って来てくれました



染料屋さんで売っているものは
乾燥していますが
おみやげはまだ生の状態だったので
包丁で切って中身を見てみました



R0019072.JPG


こんな風になってるんですね〜

まぶしいようなオレンジ色が現れました




くちなしは
実が熟しても口を開かないので
“口無し”と言われるのだそうです



くちなしと言えば
栗きんとんの色づけに使われることで
よく知られていますね



布も
栗きんとんとおなじように(!?)
鮮やかな黄色に染まります





すぐに染めないので
干して乾燥させていましたが
冷凍保存しても良いそうです


 
茜染めのウエディングドレス
 

 
3年前
大切なともだちのためにつくった
草木染めのウエディングドレス


 
 
これまた大切な
カメラマン志望のともだちにお願いして
スタジオで作品撮りをしてもらいました
 
 

 

新婦さんの希望で色は茜色

濃い色に染めたシルクサテンに
白いレースと淡く染めたシルクシフォンをかさねました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5.jpg
 
 
 
 
 
 
11.jpg
 
 
 
 
 
 
14.jpg
 
 
 
 
 
 
ひさしぶりに手に取って見てみると
上手じゃないところもありますが

ディティールのかんじや
布の感触から
一生懸命制作してた日々とか
手助けしてくれたり
協力してくれた人たちの顔とか
結婚式直前のこととか
当日のこととか
 
いろいろな場面が鮮明によみがえります


 
 
 
 
染めたり縫ったりしているあいだ
しあわせになってほしいなあというおもいが
なんとなく
いつでも
心の底の方に漂っていたけど
そういうときしあわせなのは
実は自分の方だった気がします
 
 
 
 
ひさしぶりにこのドレスを見て
ものをつくるって
基本はそういうことなのかなあというか
そういう風でありたいなあと
背筋が伸びました
 
 

自分の手でつくるものが だれかのよろこびに
だれかのためにが 自分のよろこびに
その輪が広がれば なおいい
 
でも気持ちだけ押しつけたり
大げさに見せたりしないように
 
かっこだけ取り繕わないように
 
 
 
いつでも完璧にっていうのは難しいかもしれないけど
そういうこころをを失わないでいたい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この写真のために
わたしのなんとなくのリクエストに答えようと
一生懸命になってくれたカメラマンさんのがんばりも
このドレスにまつわる場面のひとつに加わりました
 
 
ありがとうー
 
 
 
 
 
そして改めて
ドレスを着てくれたともだちが
かけがえのないしあわせに
包まれていてほしいなあとおもうのでした
 
 
 
 
 
染め日和


またまた
藍染めをしに
羽生へとやってきました


いい天気!!!!








日陰に入ればいい風が通るので
作業もはかどるし

天日干しすれば
あっという間に布が乾きます



ちょっと暑いけど
気持ちのよい染め日和です


花桃
 


こんな真夏に
あまり夏っぽくない話題ですが


ご近所の方から
春先に桜をいただいたときに
一緒にいただいた花桃の小枝



しばらくそのままになっていましたが
やっと染めることができました




R0018921.JPG




ひなまつりの時に飾る
あの桃の花ですね

枝の色もほんのり赤みがかっています




桜とおなじバラ科ということで
煮出していると
なんともいい香りがします




R0018916.JPG




色も
比較的桜に近いような雰囲気です




リネンの糸
アルミ媒染で
こんな色に染まりました



R0018946.JPG




さて
なにを織ろうかなあ