染めたり 織ったり ミシンを踏んだり
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夏のお知らせ


ブログの方ではお知らせしそびれてしまいましたが、
明日館での「青の手しごと」展
無事に終えることができました。
足をお運びくださった皆さま
関わってくださったすべての方々、
どうもありがとうございました。


遅ればせながら、この夏のお知らせです。


7/17-8/4
「ささやかで、うつくしいものたち」展
GALLERYひたむき(京都)



8/5.6
「アイ アオイ」 あの青をさがして
ワークショップ
8/5(月)10:30- 14:00-
8/6(火)10:30- 14:00-
¥4800-税込(お茶付き)

染めたい洋服や布小物をお持ちいただき、藍で染めるワークショップです。
気に入っていたのに色あせしたり汚れてしまったお洋服をお好みの濃さに
色褪せてしまったデニム地をもうすこし濃くしたいなあ!なども。
お一人様2点
ワンピースやパンツなどの大きなものを1点と
バッグやストール、タオルなどの布小物を1点おもちください。
(天然素材のみとなります)

詳細はお申し込みの際にご説明します
mimet ??03-5738-8242
pivoine ??03-3465-1193
News

 

2019年上半期の予定が決まりましたので

お知らせいたします。

 

今年もいろいろな場所で作品を発表させていただく機会に恵まれ

ほんとうに有難くしあわせなことだなと思っています。

 

それぞれの場所で、たくさんの方にお会いできたらうれしいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

3/13(wed)-19(tue) 「工房からの風から」 伊勢丹新宿店

 

4/22(mon)-28(sun) generaLSTORE (茨城県結城市)

 

5/11(sat),12(sun) フィールドオブクラフト倉敷(倉敷市芸文館前広場)

 

6/1(sat),2(sun) にわのわアート&クラフトフェア・チバ(佐倉城址公園)

 

6/20(thu)-23(sun) Banon/カンパニオ(埼玉県川越市)

 

 

 

花が開く前、寒いうちに剪定した梅の小枝を

galleryらふとさんから分けていただいたので

何種類か糸を染めてみました。

 

画像は紬糸、

みょうばん媒染で。

やっぱり絹は発色がいいです。

 

染液から糸を引き上げた瞬間、

はっとするような色が現れて

ドキドキしてうれしさがあふれてきました。

 

こんな風に思いがけず

植物の色にすくわれるような励まされるようなことがあります。

 

うつくしいものに触れて心が動くこと。

とてもしあわせなことだと思う。

 

鎮まっていた炭に

送り込まれる酸素のように

こころのなかをじわりと熱く燃やしてくれるみたいだ。

 

今回も大切なことを思い出させてくれた。

 

まだまだ未熟な仕事ぶりですが

すこしずつ経験を積んで

よりよい仕事ができるようになっていけたらいいなと思います。

 

 

この糸をどんなふうに使うかはまだ考え中。

 

 

手仕事の染織物展

 

iPhoneImage.png

 

昨年秋にお世話になったgeneraL STOREさんにて

ふたたび展示会をさせていただきます。

 

今回は定番のリネンストールなどを中心とした春夏物を。

 

前回は敷地内の納屋にて展示させていただきましたが、

今回はgeneraL STORE店内での展示となる予定です。

 

あのすてきな場所でまた作品をご覧いただけること

とってもうれしいです!

 

あたたかい陽気のなか、

ファミーユさんのお食事とともに

楽しんでいただけたら幸いです。

 

ぜひ足をお運びくださいませ。

よろしくお願いいたします!

 

 

Tender Textured Textiles vol.2

RIRI TEXTILE

手仕事の染織物展

 

4/22(mon)-28(sun)

11:30-20:00

作家在廊 22,27,28日

 

generaL STORE 店内にて

 

 

 

「工房からの風から」展 ありがとうございました。

 

iPhoneImage.png

 

「工房からの風から」展

会期を無事に終えることができました。

 

前期に引き続き、後期に足をお運びくださった皆さま

関わってくださったすべての方々

こころからありがとうございました。

 

 

多くの人に作品をご覧いただく日々は

制作中とは異なる視点での発見も多く

今回も貴重な経験をさせていただきました。

 

数あるもののなかから作品をお選びいただくこと、

「たくさん使います!」「がんばってね」と

お客さまにかけていただく言葉は

そのたびに心に沁み込んで、また次への活力に。

本当にありがとうございました。

 

また、今回あらためて

同じ時代にものづくりに向き合う人たちが

こんなにもたくさんいるんだということを実感し、

その存在に励まされ支えられることがたくさんありました。

ご一緒してくださった作家の皆さま

このような場をつくり出しサポートしてくださったヒナタノオトスタッフの皆さま

どうもありがとうございました。

 

 

「工房からの風」本展は

10/19(sat) 20(sun)

市川市のニッケコルトンプラザにて。

もう少ししたら今年の出展作家さんが発表されると思います。

どうぞおたのしみに!

 

・・・・

 

わたしの春の予定もまだまだ続きます!

次は4/22(mon)-28(sun)

昨秋お世話になったファミーユさんへふたたび!

今回はすこし規模を縮小して、カフェ隣のgeneraLSTOREさんにて

春夏ものの展示会をさせていただきます。

 

おいしいものと一緒に楽しみにいらしてくださいませ!

 

DMご希望の方はメールにてお問い合わせください。

 

 

 

 

 

工房からの風から

 

 

iPhoneImage.png

 

 

来週からはじまる「工房からの風から

 

在店日は下記のとおりです。

 

3/13(水)10:30-19:30

3/15(金)11:00-19:30

3/16(土)11:00-19:30

3/17(日)11:00-17:00

3/18(月)11:00-17:00

 

 

ヒナタノオトさんのブログでもご紹介いただいています。

ほかの作家さんと合わせてご覧いただけたらと思います。

 

 

今年もすばらしい作り手の皆さんとご一緒させていただき

見ごたえたっぷりな会になると思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「工房からの風から」

前期 3/13(水)-19(火)

後期 3/20(水)-26(火)

伊勢丹新宿店 本館5階

センターパーク/ザ・ステージ♯5

10:30-20:00

 

 

広島 糸と樹さん

 

広島市にある糸と樹さんへ

手織りのマフラーをお送りさせていただきました。

 

iPhoneImage.png

 

定番のもののなかから

糸と樹さんのお店のコンセプトやイメージに合いそうなものを

自分なりに選ばせていただきました。

 

小ぶりなサイズのマフラーですので

春先までお使いいただけるかなとも。

 

距離が遠い場所では直接伝えられないことも多いのですが
糸と樹さんは思いや作品のことについてなど

いろんなことを丁寧にすくいあげて大切にご紹介くださるお店です。

お取り扱い方法につきましても

細やかに把握してくださっていますので

安心してお買い物していただけると思います。

 

マフラーははじめてお取り扱いいただくアイテムですが

遠くにいるまだ見ぬ誰かのお気に入りになれたらうれしいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

・・・

 

今週、続けて海と山に連れて行ってもらいました。

 

iPhoneImage.png

 

寒い一日でしたが

海はおだやかで

しずかに繰り返される波の音を

こころやさしい人と一緒に聴きました。

 

一筋の水平線で隔てられた空と海。

美しかったです。

 

デンマークに行ってから曇り空が好きになりました。

 

途中、北鎌倉にある宝庵さんという

古いお茶室へ連れて行ってもらったり(外から眺めただけですが)

お勧めのレストランやカフェへ連れて行っていただいたり。

 

たくさんのことを話し

思いやりをたくさんもらって

外の寒さが気持ちよく感じるくらい

ほかほかした気持ちの一日でした。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

一方、山登りの日はそれはそれはあたたかくて

春のような陽気。

 

昨シーズン個展の時にもお世話になった

エルバホームのお2人と岡野園さんと発足した

のんびり登山部の活動です。笑

 

蠟梅が咲き誇る山のてっぺんで

贅沢すぎるお茶会を開いてもらいました。

 

広がる景色、道具、所作、お菓子

どれもが美しく、
一緒に味わうひとがいるよろこび。

 

さらにはいい手でマッサージまでしてもらい

下山して温泉に入って。

 

大充実の休日でした。

 

iPhoneImage.png

 

すばらしいお茶会をしてくれ岡野園の尚美ちゃんが

こんな言葉を教えてくれました。

 

「弄花香満衣」

 

花を弄んでいると、その花の香りがいつの間にか衣服に染みつくように

人もよき友、よき環境の中に身を置いていれば、

いつの間にかよくなるものだ

そんな意味合いが含まれる禅語だそうです。

 

いつも接していて

すてきだなあとか、いいなすきだなあと思っている友人たちと

芳しい蠟梅の香りのなかを歩いた、

そんな一日にぴったりな言葉でした。

 

 

プライベートも仕事も

まわりの人や環境にに恵まれていることをあらためて感じて、

それと同時に

自分自身も、親しいまわりのひとにとって

よい香りを漂わせる花のような

心根のよい人間になれたらいいなと思いました。

 

iPhoneImage.png

 

新年あけましておめでとうございます。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年も、作品をたくさんの方の手に取っていただく機会に恵まれ

しあわせな一年でした。

こころから、どうもありがとうございました。

 

精一杯に駆け抜けたつもりでしたが、

その分まだまだ足りないこと、至らないことがたくさんあることも実感しました。

 

今年もひとつずつできることから積み重ねて成長できるように

よりよいものづくりを志して

つづけていけたらと思います。

 

2019年もたくさんの方と作品を通してよい時間を過ごすことができますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさまにとってもすこやかでよろこばしいことにあふれた一年になりますよう。

 

 

2019年最初の展示会は

3/13-19 新宿伊勢丹にて工房からの風の企画展に参加させていただく予定です。

詳細はあらためてご案内させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

iPhoneImage.png

 

昨年買ったけれど読めていない本がたくさんあるので

年が明けてからゆるやかに読みはじめました。

 

はじめの一冊は「庭の本」。

工房からの風で買い求めたのですが、

心落ち着いたときにページを開きたいと思っていて

先日ようやく手に取りました。

 

尊敬するつくり手の方々の言葉と絵。

書(描)いたひと、編んだひとが持つ庭や植物に対する親しみや慈しみのおもいみたいなものが

たっぷり含まれていてふくよかなかんじがする本でした。

 

 

最後のページをめくると、なんとと藍の花。

うれしくてうれしくて。

新しい年のはじまりに

小さな花が寄り添って励ましてくれているような気がしました。

 

iPhoneImage.png